こんにちは〜あこです!

とうとう寒くなって来ましたね😥
寒いのは余り好きではないですが、紅葉の美しさやしんしんと雪が降る静けさは好きです。

旦那には何だそれ?とつっこまれましたが😅

でもーー‼︎
この季節寒いことより嫌なことがあります!

それは…乾燥です😱

大敵 と言いたい位イヤーー😱💦

スポンサーリンク

そこで今日は、乾燥防ぐために、入浴時入浴後に出来る簡単ケア方法について調べてみました。

  1. ボディケア

    フェイスケア

この2つに分けてご紹介していきますね!

乾燥の季節の簡単ボディケア

入浴時に乾燥を防ぐにはお湯の温度に気を付ける
まずは入浴時のお話です。

お風呂に入る時、寒くなるとつい湯船の温度を1℃位あげてしまいがち。
(私だけでしょうか?)

子供達が熱がるから、まだ1℃上げるだけで我慢してますが…

子供たちのおかげで我慢出来ているとも言えます!

というのも、熱めの温度のお風呂は皮膚の保湿成分を溶かしてしまうんです。

さらっと書きましたが、結構怖いことではありませんか?

保湿を考えると、お風呂の温度は38℃〜40℃と低めがいいと言われています。

冬にその温度は寒いよ😨
って思ったのは私だけじゃ無いハズ

冬は本当は42℃ぐらいで入りたい💦
まぁ子供がいるので41℃で入っていますが…

そこで、使いたいのが入浴剤です。

保湿成分が配合されている物を使用して下さい。

ただし!香料や着色料が入っている物は皮膚に刺激を与える可能性がありますので、余り入ってい無いものをお勧めします。

保湿成分が入ってる入浴剤入れたから平気🎵
と言って長湯をするのもやめて下さいね!

長くお湯に浸かると皮膚がふやけてしまい、角質が剥がれたりします。
そうすると皮膚乾燥が増して肌が痒くなる原因になりえます。

身体を洗う時にも乾燥を防ぐポイントがあります。
使うのは、タオルなどの柔らかい物。絶対にゴシゴシせず、優しく洗って下さい。

優しく洗うことで角質を守り、乾燥も軽減されます。

入浴後に出来る、乾燥を防ぐケア!
続いては入浴後。

身体を拭くのもゴシゴシ拭かず、肌に優しくタオルを乗せ、水滴を吸い込ませる様に拭くといいです。

その後は、

① 全身(顔、髪以外)にボディローションを適量付ける

② その上からボディクリームを付ける

こうすることで、クリームの保湿成分が皮膚に浸透しやすくなります。

背中や胸元には皮脂腺がありクリームを付けると肌トラブルになる恐れがありますので、そこはボディローションだけの方が良いかもしれません。

  1. 入浴時、入浴後の乾燥を防いでつや肌をゲット!
    私が友達から去年教えて貰い実践したのが、お風呂で保湿してから出るという方法です。

    私の肌には合っていたのか、いつもよりカサカサせずに過ごせたので今年も実践してます。

    簡単に方法を書きますね😊

    ① お風呂の洗い場でボディローションを全身(顔、髪以外)につけてから脱衣室に出る。

    ② タオルで吸い込ませる様に拭く。

    ③ その上からボディクリームを付ける。

    これだけです。

    少し順番が変わっただけなんですが、身体が濡れているうちに保湿するのが私には効果的みたいです。

前は良く膝や肘が白く粉っぽくなってしまって、気がつくとクリームをつけたりしていましたが、この方法にしたらそれがなくなりました。

何より嬉しかったのが、夜寝る前にもクリームをつけて寝ても朝になるとカサカサして子供達に、
「お母さんの手痛い」
とショックな事言われていたのが、言われなくなったんです😄

手に関しては、それ以外に食器を洗う時のお湯の温度を下げたり、それまでよりクリームを頻繁につけたりなどもしましたが、それだけでは改善されなかったと思ってます。

スポンサーリンク

乾燥を防ぐフェイスケア

寒いと、洗顔をする時についお湯を使いたくなっちゃいませんか?
実はそれが乾燥の原因になります!

38℃以上のお湯で洗うと、皮脂を洗い流しちゃいます。

えっ皮脂ってテカテカ顔の原因だから洗い流していいんじゃない?

と思うかもしれませんが、まったく無いとカサカサになり肌が乾燥してしまいます。

なのでまずクレンジングで化粧を落とし、ぬるま湯で洗顔をして素早く保湿をするといいです。

私は、この保湿も上記したようにお風呂の中でしちゃってます😊
お風呂の蒸気が良い感じで保湿を促してくれてるように感じます。


乾燥を防ぐポイント【朝の洗顔】

朝の洗顔をぬるま湯だけで済ませる女性
朝の洗顔ってどうしてますか?

私は子供を妊娠するまで、しっかり洗顔料を使って洗っていたんです。
でも悪阻が酷くて、しっかり洗うなんてとてもできなかったんです。

そんな事が数ヶ月続いたある日。
悪阻も収まり久しぶりに化粧をしたら、全然手をかけてなかったのに化粧のりがとっても良い😳

これは朝は洗顔料使わない方が良いのか?

と思い、そのまま朝の洗顔はぬるま湯で洗い流すだけにして早7年半。
はい!肌のコンディション良いままです‼︎

理由は解らなかったので、今回調べましたら、先ほど書いた事と重複になりますが、ぬるま湯だけの洗顔を続けたことで、肌に必要な皮脂を洗い流さないでいられたんですね。

もちろん、ぬるま湯で洗った後、化粧水などの基礎化粧品を素早く塗布して下さいね。

最初は妊婦だからかな?とも思っていたんです。

でも長女を出産後も育児で忙しかった事も重なり、そのまま朝の洗顔はぬるま湯で洗い流すだけになっていました。
それでも化粧のりが良かったので私には合ってるんだろう。ぐらいに軽〜く考えていました。

今回調べて、むしろそれまでは必要な皮脂を洗顔で自ら洗い流していたのかと思うと悲しいですが、あのまま気がつかず居たら今の歳まで洗い流してましたね😱

棚からぼた餅的な感じででしたが、早くに朝の洗顔を変えることが出来て良かったです。

追記になりますが、クレンジングも皮脂を落としやすいので、週に1日〜2日クレンジングを使わない日を儲けると尚良いです。

えっ化粧しない日作るなんてムリ💦
って、初めは私も思いました。

そこで例えばですが、
● クレンジングしない日はファンデーションをパウダータイプにする。
● リキッドのアイライナーは使わず、ペンシルの物をつかうかアイシャドウのみにする。
● マスカラはしない、もしくはお湯でオフできるマスカラを使う。

と行った具合に、洗顔料だけでも落ちやすい化粧品を使うのはいかがでしょうか?

いつもしっかりメイクをしていると物足りなさは確かにありますが、やってみると意外と誰も気がつかなかった💦

(あっ😳次女ちゃんは、お母さんなんかいつもと違うっていってくれた☺️)

でも旦那…1番に気づけよ😥と思ったのはここだけの話です😭

スポンサーリンク

後記

まとめ

ボディケア
・お風呂のお湯は38℃〜40℃が望ましい。
・保湿成分が入っている入浴剤。ただし!香料や着色料に気をつける。
・ボディローションの上からクリームを付ける。
(浴室で保湿しちゃうのもオススメ)

フェイスケア
・38℃以下のぬるま湯で洗う。
・朝の洗顔は洗顔料を使わない。
・週に1日〜2日はクレンジングをしない。

ここで挙げた他にも、保湿の方法はあります。

でもズボラな私でも出来る事なら、小さなお子さんなどが居て自分に時間をなかなか掛けられない人も簡単に出来るのではと思い調べました。

もちろんですが、加湿器や洗濯物の部屋干しなどで部屋の湿度を上げる事も忘れないで下さいね😊

スポンサーリンク